凛として、軽やかに。

甘くない現実も軽やかに受けとめて、歳を重ねていきたい。と思いつつも、40歳を目前にジタバタ焦る気持ちも。そんな心模様も正直に綴っていきます。憧れの人は、漫画『大家さんと僕』に登場する大家さん。

ほぼ日5年手帳で、なんでもない日常をちょっと豊かに。

 

私にとって書くことは、楽しみでもあるし、自分と向き合うことでもあるし、癒しでもあります。

 

そんなわけで手帳には人一倍こだわりが。

 

と言っても、手帳にイラストを描いたりコラージュをしたりといったことには興味がなくて(面倒くさがりなのです)、書くのはほとんど文字だけ。

時々落書きするくらいです。

 

今まで使った手帳、ざっと振り返ってみただけでも

 

・学生の頃に使っていたノーブランドのシステム手帳

(ベビーブルーの色あいが好きでした)

・手帳の高橋のビジネス手帳

・クオ・ヴァディスの手帳

ティファニーの手帳

ほぼ日手帳

・EDiTの手帳

エルメスの手帳

モレスキンの手帳

・スマイソンの手帳

・ジブン手帳

 

と、まぁ、どれだけ手帳に散財してるの……!?

と自分で自分にツッコミをいれたくなるほど。

手帳に関しては、好きすぎて価格度外視で買ってしまうんですよね。

気をつけよう。。

 

今、日々のスケジュールを管理するのに使っているのはエルメスの手帳。

正しくは手帳カバー、ですね。

中身は純正のレフィルを使ったり、使わなかったり。

純正のレフィルは可愛くないお値段なのですが、9月になるとその年のものは半額で販売されます。使い心地を試してみたい方にはオススメです。

 

そして夜眠る前や、ふと思いついたことがあったときに手に取るのが『ほぼ日5年手帳』。

今年の2月6日から(買うのが遅く、元旦には間に合わず)、かかさず毎日書いています。

 

f:id:rintoshite_karoyakani:20180712152837j:plain

ほぼ日5年手帳。大切な指輪とともに。#ほぼ日5年手帳

 

シックな表紙も日々の小さなコラムも、文庫本サイズの大きさもお気に入りで、手に取るたびちょっと嬉しい気持ちになります。

こういうロングスパンの手帳を使うのは初めてなんですが、過去と未来がつながる感じがしていいですね^^

 

2018年からの5年。

5年後の私は四十代かぁ、と思うとちょっと焦ったり、迷ったり、わくわくしたり。

 

記録を続けることで、なんでもない日も愛おしくなるから不思議です。

 

 

最後になりましたが、西日本の豪雨で被害にあわれた皆さまが一日も早く日常を取り戻すことができますように。

心よりお見舞い申しあげます。

 

 

ほぼ日 5年手帳

ほぼ日 5年手帳