凛として、軽やかに。

甘くない現実も軽やかに受けとめて、歳を重ねていきたい。と思いつつも、40歳を目前にジタバタ焦る気持ちも。そんな心模様も正直に綴っていきます。憧れの人は、漫画『大家さんと僕』に登場する大家さん。

梅シロップを強炭酸で割って。

 

6月の半ばごろに仕込んだ梅シロップがようやく飲み頃を迎えました!

 

写真は、作ったばかりの時に撮ったもの。

来年はこの倍くらいの量を作りたいなぁ。

 

f:id:rintoshite_karoyakani:20180716120102j:image

 

母がわりと手仕事の好きな人で、昔から梅酒や梅干、らっきょうなんかも自家製で作ってくれていたので……

私はそれに甘えて、「作ってくれてありがとー!」と貰うばかりの日々を送っていました。

 

そんなわけで、今年が梅シロップ作りデビューの年に。

遅咲き?

 

いやー、作ってみると拍子抜けするほど簡単なんですね。

 

梅のヘタを取り除いて、綺麗に洗ったら、乾かして。

煮沸消毒した瓶に、梅と氷砂糖を交互に入れていくだけ。

(私の記憶が正しければ……)

 

あとは1日に1回、瓶を揺すって、飲み頃を待つのみ。

 

この猛暑の中、常温で置いておくのが心配だったので、冷蔵庫に入れて保存したので出来上がりに少々時間はかかりましたが、いい感じに梅がシワシワになってきましたよ〜。

 

梅シロップを強炭酸で割って、シュワっとしたい。

そうして暑くてダルダルした気持ちを吹き飛ばそう!