凛として、軽やかに。

甘くない現実も軽やかに受けとめて、歳を重ねていきたい。と思いつつも、40歳を目前にジタバタ焦る気持ちも。そんな心模様も正直に綴っていきます。憧れの人は、漫画『大家さんと僕』に登場する大家さん。

本よむEDiTがおもしろい。


 

先月からREADING EDiT〜本よむEDiTを使い始めました。


これまでは、ほぼ日手帳の巻末ページに読んだ本をちょこちょっと記録していたのですが 、どうも使い勝手が悪くて。


もっと読書記録に特化したノートがあればなぁ、と思っていた矢先に東急ハンズで出会ったのがこのノート。


ときめきを感じて購入した次第です。


f:id:rintoshite_karoyakani:20150916182803j:image

 

今の時代、アプリを使って読書ログを残した方がモノも増えないし、簡単なのは百も承知なのですが……

好きなんですよね、手書きであれこれ綴るのが。


洋服は、ほぼファストファッション店でしか買わないのに、なぜか手帳やノートなどの紙類には無頓着にお金を使ってしまうという不思議。


まぁ、それはさておき。

このEDiTに読書記録を残すようになって、大好きな読書が更に楽しいものとなりました^ - ^


中身は見開き2ページに一冊の記録を書き込むというスタイル。

タイトルや著者名、出版社に始まり、感想、キーワード、引用などが書けるようになっています。

が、私は既成の項目は気にせず、その時の気分で自由に使っています。


感想だけを延々と書くこともあれば、ひたすら心に残った言葉を書き写すことも。時には、切り抜きを貼ってみたり。


この紙、万年筆との相性もいいようで、ノートに文字を書き綴る時間がとても心地いいです。


私はわりと本を読む方なので、記録するのは深く心に響いた本だけ。


記録することで、その本のエッセンスをぎゅっと凝縮して心に残すことができるような気がします。


感想を綴ることで、自分の想いや心に起きた変化がクリアになるのもいいですね。


時が経つと同じ本を読んでも感じ方が違ったりするので、そういうときに昔の自分がどんなことを思っていたのか確認できることも魅力かもしれません。


巻末には、ブックストアアドレスや心に残った言葉を書くページもあって、かなり充実の中身。


秋の夜長を共に過ごしたいモノの一つです。


 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村